フローリングコーティングでペットの悩みを解決

ペットと快適に過ごす方法

フローリングをきれいに保つ為に、ワックス掛けやコーティングを行なう人もいますが、ペットのいる家庭ではデメリットになることがあります。人が快適に過ごせるだけでなく、ペットの事を考えた方法は無いか確認してみましょう。

コーティングとワックスの違い

ワックス

ワックス掛けであれば、業者に頼まず自分でやることも可能なため、1回あたりの費用を抑えることができます。

コーティング

コーティングは長期的な保護が可能で、メンテナンスをしやすい為、掃除等の手間を軽減できます。

フローリングコーティングでペットの悩みを解決

犬

ペットと暮らす上での床問題

飼っているペットによって、その家庭にしかわからない苦労があると思います。フローリングを爪で引っ掻いたり、おしっこのシミが残ってしまうなど、補修や掃除で悩んでいる方も多いはず。そういった苦労を解決する方法は無いのか調べてみましょう。

ドッグ

コーティングで床を保護する

室内でペットを飼う上での床問題を解決する方法として、フローリングをコーティングする方法があります。コーティングすることで、おしっこや食べこぼしを簡単に掃除することができ、キズにも強くなります。しかし、コーティングをする事でペットに悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

床

ペットへの影響

フローリングが滑りやすい状態ではペットが移動する時に余計な負担がかかり、関節を痛めてしまいます。また床を舐めたペットがアレルギー症状を起こす事例もあるため、コーティングを検討する際にはペットのことも考えなければなりません。

犬

ペットのことを考えたコーティング

人とペットが快適に暮らす事を考えたコーティングも存在します。滑りにくいコーティングをする事で、ペットの負担を減らし、コーティング本来のキズが付きづらく、汚れを落としやすい目的も満たせます。そういったペットの事を考えたペット専用コーティングもあるため、業者に依頼する際には相談してみましょう。

広告募集中